業務案内

HOME > 業務案内 > 院内ラウンド

院内ラウンド

(1)現状把握「院内ラウンド報告書」

開業スタートパック等、各種強化プログラムを実施しております。

院内を客観的な視点で、拝見させていただき、どのように見えるかレポーティングし、ご報告致します。

得られる効果として
  • 第三者からの評価により「気づき」を与える
  • 問題意識を持てるようになる
  • 強みを生かし、改善事項については早急に対応策を検討
  • 解決や浸透に時間のかかる問題については、組織で対策検討。
    改善をはかる「しくみ」をつくる

(2)オプション 「院内ラウンド」に基づく実践研修会

「サービス委員会」があるが、機能をしていない、または運営の仕方がわからないという声を聞きます。活動が定期的に行われている施設もございますが、更に充実したものにするためのアドバイスや、現状にあったご支援をさせていただきます。

実施の効果について
  • 委員会に所属する方々自らが啓蒙活動ができるようにする
  • レジュメ、企画、資料等は提供させていただきながらフォローを行う
    (将来的には、院内で定期的研修が可能になる)
  • 本業で多忙の中、院内だけで行うと担当者の負担が多大
    • → コンサルタント活用により、準備(材料・資料探し)の手間を省くことが可能(職員の負担を少なく、効率を上げることができる)
    • → 企画案についても、客観的視点での提案を得られる
      (院内でなかなか結論がでにくい問題についても解決策まで短時間でたどりつける)
    • → 事前アンケートの実施・意識度調査の実施等で成果を確認しながら実施

*院内ラウンドをより効果的に活用するため報告後の実践研修をお勧めします*


PAGE UP